所属弁護士

所属弁護士 5名 [ 杉山尊生 | 井木博子 | 橋洋徳 | 小原武史 | 田村真一 ]

代表弁護士 杉山尊生(すぎやま たかき)

生 年 : 昭和44年

略 歴 : 鳥取県西伯郡淀江町(現 米子市淀江町)出身
      昭和 63 年 米子東高等学校卒業
      平成 7 年  一橋大学法学部卒業
      平成 8 年  司法試験合格
      平成 11 年 弁護士登録(鳥取県弁護士会)
               寺垣法律事務所(現 つくし野法律事務所)勤務
      平成 17 年 アザレア法律事務所設立
      平成 19 年 リーガルアライアンス米子アザレア法律事務所に改称
      平成 22 年 弁護士法人アザレア法律事務所に法人化
      平成 25 年 平成25年度鳥取県弁護士会会長

弁護士会委員歴:
      日弁連公害環境問題対策委員会委員
      日弁連消費者問題対策委員会委員
      日弁連刑事弁護センター委員会委員
      日弁連裁判員裁判実現本部委員
      鳥取県弁護士会刑事弁護センター委員長
      鳥取県弁護士会副会長
      人権擁護委員会委員
      業務改革委員会委員
      研修委員会委員
      法律相談センター委員会委員
      常議委員会委員
      資格審査会委員
      第一審強化対策委員会委員

公職歴: 鳥取県介護保険審査会委員
      鳥取県社会福祉協議会契約締結委員会委員
      鳥取県廃棄物処理委員会委員
      鳥取県入札懇話会委員
      鳥取県建築審査会委員
      鳥取県職員評価委員会委員
      鳥取県教員資質向上委員会委員
      米子市情報公開審査会委員

講師歴: 鳥取大学非常勤講師
      山陰法科大学院非常勤講師

弁護士よりひとこと:
「結果をだすためには、基本に忠実で正攻法であることが一番の方法」
これは弁護士の仕事とこれまでやってきた剣道とで共通する経験です。
窮地に陥ったとき、奇抜なことを思いついたり、いちかばちかの気持ちで物事に対処しがちです。しかし、それは追いつめられた結果、そう対処せざるをえない状況になっているだけの場合が多いでのす。たいていの場合、そのときうまくいくと思いつきで対応しても、成功することはめったにありません。いちかばちかというのはまさにそのとおりでもともと成功する可能性はほとんどないのです。
  困難なときほど、我慢し、よく考え、決してあきらめず、基本に忠実かつ正攻法の手段でねばりづよく対応する、これが困難を克服する最善の方法だと思っています。結果として成功しなくても、成功するためにベストを尽くすべきです。
  弁護士としての仕事でも、剣道でも「困ったときこそ正攻法」「この場合の正攻法はどのような方法だろう。」と考えながら日々を過ごしています。

趣味・特技等: 剣道(錬士七段)、木工


井木博子(いぎ ひろこ)

生 年 : 昭和43年

略 歴 : 鳥取県東伯郡赤碕町(現 琴浦町)出身
      昭和 62 年 米子東高等学校卒業
      平成 4 年  国際基督教大学教養学部卒業
      平成 5 年 〜 平成 16 年 三鷹市役所勤務
      平成 16 年 立教大学法科大学院入学
      平成 19 年 同大学院修了
      平成 19 年 新司法試験合格
      平成 20 年 司法修習終了(司法修習新61期)
               弁護士登録(鳥取県弁護士会)
               リーガルアライアンス米子アザレア法律事務所入所
      平成 22 年より弁護士法人アザレア法律事務所所属
      平成 26 年 平成26年度鳥取県弁護士会副会長

弁護士会委員歴:
      刑事弁護センター委員
      消費者問題対策委員会委員
      公害対策環境保全委員会
      高齢者・障害者の権利に関する委員会副委員長
      人権擁護委員会委員

公職歴: 鳥取県人権に関する相談窓口における専門相談員
      米子市個人情報保護審査会委員
      (財)鳥取県造林公社 経営検討委員会委員
      (財)鳥取県農業農村担い手育成機構経営検討委員会委員

講師歴: 国立米子工業高等専門学校(米子高専)非常勤講師

弁護士よりひとこと:
 紛争というものは特に日本人にとって、大変なストレスです。
  紛争の中に分け入り、依頼者の方にとって一番良い結果となるよう法的処理をすすめるのが弁護士の仕事ですが、それにプラスし、紛争ストレスを少しでも軽くできるような働きかけができれば幸いだと考えています。
  また、社会生活上、紛争が生じることは避けられませんが、紛争を予防するような法的手立てを提供していくことも重要だと痛感しています。

趣味・特技等: フルート


橋洋徳(たかはし ひろのり)

生 年 : 昭和58年

略 歴 :  東京都出身
      平成 13 年 城北学園高等学校卒業
      平成 18 年 一橋大学法学部卒業
      平成 21 年 明治大学法科大学院修了
      平成 22 年 新司法試験合格
      平成 23 年 司法修習終了(司法修習第64期)
              弁護士登録(第二東京弁護士会)
      平成 24 年 大西総合法律事務所(現弁護士法人)入所
      平成 27 年 弁護士法人アザレア法律事務所入所
              東京事務所長に就任

弁護士よりひとこと:
 これまでの経験を活かして何か人の役に立つ仕事をしたい、と考えて弁護士になりました。
 何か困ったとき、それが法律に関するものなのか、誰に相談すればいいのか、と悩むことも多いと思います。
 そんなときに気軽に相談できる、頼りになる、そんな人、そんな弁護士でありたいと考えています。

趣味・特技等: 剣道(五段)、読書、麻婆豆腐作り


小原武史(おはら たけし)

生 年 : 平成元年

略 歴 :  鳥取県米子市出身
      平成 20 年 米子東高等学校卒業
      平成 25 年 中央大学卒業
      平成 27 年 中央大学法科大学院修了
              司法試験合格
      平成 28 年 司法修習終了(司法修習第69期)
              弁護士登録
      平成 29 年 弁護士法人アザレア法律事務所入所

弁護士よりひとこと:
 弁護士として仕事をする以上は、依頼者の方にもっとも笑顔になってもらえるよう最善を尽くしたいと思っています。
 妥協をせず、常に上を目指し、一つ一つ全力で取り組んでいきますので、宜しくお願いします。

趣味・特技等: 将棋・音楽


田村真一(たむら しんいち)

生 年 : 昭和48年

略 歴 :  鳥取県米子市出身
      平成 4 年 米子東高等学校卒業
      平成 21 年 放送大学卒業
      平成 24 年 獨協大学法科大学院修了
      平成 28 年 司法試験合格
      平成 29 年 司法修習終了(司法修習第70期)
              弁護士登録
      平成 30 年 弁護士法人アザレア法律事務所入所

弁護士よりひとこと:
 人生においては、自分一人ではどうすることも出来ないような困難に直面することがあると思います。
 困難に直面した方々が困難を乗り越える際の手助けになりたい。そう思って弁護士になりました。
 ご相談いただいた方々に寄り添い、丁寧にお話しを聴いたうえで最善の解決策を提示する。そして、その解決策を現実化させるために全力を尽くす。
 以上のことをお約束いたします。

趣味・特技等: テニス・ゴルフ・野球


 ※ 射場守夫弁護士は、平成24年3月に移籍し、一法律事務所(奈良県大和高田市)を開設しました。
 ※ 足立拓弁護士は、平成25年11月に移籍した後、弁護士法人アットパートナーズ(大阪市中央区)を開設しました。
 ※ 佐藤大樹弁護士は、平成26年5月に和醍法律事務所(富山県富山市)に移籍しました。
 ※ 湯原裕子弁護士は、平成29年9月に松江市に移籍しました(任期付公務員)。
 ※ 住 真介弁護士は、平成30年4月に移籍し、住法律事務所(米子市)を開設しました。